FAQs

Frequently Asked Questions


4t以上のトラックを利用して運搬します。

一定規格のユニットハウスを並べてつなげる「連棟」プランにより、広くすることが可能です。ただし、規格品を工場にて生産する工業化建築のため、ユニットハウスの倍数ではない寸法は対応できませんのでご了承ください。

ユニットハウスはトラックで運搬するため、道路交通法で規程されている高さ制限を受けます。そのため、現在の製品ラインナップよりも高い寸法は、規格品では対応できません。

もちろん保証期間を過ぎた場合でも、有料にてメンテナンスにうかがわせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

仮設建築物とは、工事現場事務所やイベント会場など、設置期間を決め、解体することを前提とした建築物を指します。容易に移設や撤去ができることが仮設建築物の条件ではございません。ユニットハウスは建築基準法上、建築物に該当しますので建築確認申請が必要となります。

あらかじめ工場で生産・加工する「プレファブリケーション(prefabrication)」という意味では同じです。ユニットハウスは軽量鉄骨で組まれた箱型構造の建物なので、プレハブ(組立ハウス)よりも、さらに工場生産率が高くなっています。このため、工期が早い、建物の移設が可能、環境にやさしい(ゴミが出ない)などの違いがあります。詳しくは、コーポレートサイトをご覧ください。

かかります。詳しくは、各市町村の担当窓口へお問い合わせください。

ご購入いただいたユニットハウスが不要の際は、一定の査定基準にのっとり買い取りいたします。詳しくはこちらをご覧下さい。

当社では、倉庫や事務所、店舗などの用途を想定して製品開発を行っています。そのため、標準仕様のユニットハウスでは、気密性や断熱性からみて、住宅や宿舎などの用途には適しておりません。

ほとんどの場合、建築確認申請が必要になります。詳しくは、各市区町村の担当窓口(建築指導課や都市計画課等)へお問い合わせになるか、営業担当にご相談ください。