ユニットハウスの 仕様について

電気や水道などの設備類は、工場生産時にユニットハウス内の工事(二次側工事)が済ませてあります。現地でユニットハウスの外工事(一次側工事)を行えばすぐに使用できる状態です。ガスにつきましては、ユニットハウス内・外ともに工事が必要となります。

当社では、倉庫や事務所、店舗などの用途を想定して製品開発を行っています。そのため、標準仕様のユニットハウスでは、気密性や断熱性からみて、住宅や宿舎などの用途には適しておりません。

ユニットハウスはトラックで運搬するため、道路交通法で規程されている高さ制限を受けます。そのため、現在の製品ラインナップよりも高い寸法は、規格品では対応できません。

ユニットハウスは、一定規格のハウスを並べてつなげることで広くすることができます。
ご利用開始後、2階建てに変更(※)することも可能です。(※2階建て対応製品の場合に限ります)

一定規格のユニットハウスを並べてつなげる「連棟」プランにより、広くすることが可能です。ただし、規格品を工場にて生産する工業化建築のため、ユニットハウスの倍数ではない寸法は対応できませんのでご了承ください。

標準的な仕様は、積雪区分が一般地域(積雪約60cm)への対応です。寒冷地対応製品は標準仕様と異なります。また、場合によって対応する事ができないことがございます。

床の下には根太(ネダ)が入っており、その上に耐水合板等の床材を貼っています。

基本的には屋根勾配はございません。水がたまり次第、両サイドの雨樋に流れる構造です。

各製品の仕様欄に基本的な項目を掲載しています。さらに詳しい情報が必要の場合は、お問い合わせください。

あらかじめ工場で生産・加工する「プレファブリケーション(prefabrication)」という意味では同じです。ユニットハウスは軽量鉄骨で組まれた箱型構造の建物なので、プレハブ(組立ハウス)よりも、さらに工場生産率が高くなっています。このため、工期が早い、建物の移設が可能、環境にやさしい(ゴミが出ない)などの違いがあります。詳しくは、コーポレートサイトをご覧ください。