法律について

かかります。詳しくは、各市町村の担当窓口へお問い合わせください。

用途によって大きく異なります。詳しくは、法で定めるところの耐用年数表をご覧ください。

不動産登記法に基づいて、竣工後1ヶ月以内に登記をすることが定められています。

当社で申請業務をうけたまわります。

建物の規模や用途、仕様などによって異なりますが、ユニットハウス建築の一般的な規模で、確認済証を受理するまでにおおよそ1~2ヶ月かかるケースが多いです。

お客様にご用意していただく書類は特にございません。

建物を建築する場合、その計画する建築物が敷地・構造・設備など建築基準法等の法令に適合しているかどうかを、建築工事着手(着工)前に、建築主が建築主事の審査、確認を受けるための申請です。

ほとんどの場合、建築確認申請が必要になります。詳しくは、各市区町村の担当窓口(建築指導課や都市計画課等)へお問い合わせになるか、営業担当にご相談ください。

仮設建築物とは、工事現場事務所やイベント会場など、設置期間を決め、解体することを前提とした建築物を指します。容易に移設や撤去ができることが仮設建築物の条件ではございません。ユニットハウスは建築基準法上、建築物に該当しますので建築確認申請が必要となります。